こちら をクリックして、コロナ禍において弊社がどのようにして制作のニーズをサポートしているかをご覧ください。

昨今のマーケティングの多くはコンテンツを中心に展開している中、Craftでは「プロダクション」の境界線を再定義しています。編集素材やTVコマーシャルを制作するだけでなく、プロダクション戦略はクリエイティブとビジネス目標を実現させるものです。テクノロジーを駆使した適切なプロダクション戦略を提供することで、私たちは単なるプロデューサーではなく、ブランド管理や変革、成長における戦略パートナーとしての役割を果たします。

  • ブランドのクオリティと一貫性を保証できますか?
  • あなたのチームは本当に協力しあっていますか?
  • 敏速で柔軟性があると感じていますか?
  • いざという時にもプロデュース活動は可能ですか?
  • どのくらいプロデュースできているか正確に把握していますか?

これらの質問は、刻々と変化する今日のマーケティングと消費状況の中でブランドを運営するにあたって、ブランドに真の力があるかどうかを判断するために自問自答してみる必要があります。ブランド、メッセージ、コンテンツの管理は、テクノロジーを駆使したプロダクション・エコシステムの構築で簡単に実現できます。

ではプロダクションテクノロジー・ソリューションとはどのようなものでしょうか? ブリーフィングから展開まで、コンテンツのライフサイクル全体を管理できる合理的なプラットフォームであり、すべてクラウドベースなので世界中でのコラボレーションが可能です。

このプロセス全体の結果は計測可能です。この方法により、最先端のキャンペーンの制作だけでなく、制作費全体を可視化し真のROI(投資対効果または費用対効果)を示す最適化されたエコシステムを構築することができます。

マーケターが直面する問題の多くは適切なプラットフォームで解決できますが、実際のケースではどのようになっているでしょうか?これらは、テクノロジー主導のプロダクション戦略を採用した当社のクライアントの実績です。

適切なプロダクション・プラットフォームを使えば、単に制作をするだけでなく、コスト節約や効率化ができ、さらに重要なことには、他の課題に取り組んでマーケティング革新を進めるための時間まで確保できます。適切なテクノロジー・プラットフォームに投資することで、クリエイティビティ、可視性、スピードを向上させ、コストと時間を削減することができます。プロダクションテクノロジーのメリットについては、 こちらのPOVをご覧ください。

どこから始めればいいのか 
大変なことのように思えるかもしれませんが、テクノロジーを主導としたプロダクション・エコシステムの確立を始めるためのシンプルな方法がいくつかあります。 ここをクリック して、Craftのプロダクション戦略ハックの詳細をご覧ください。貴社のプロダクション戦略のどこをどのように改善できるか知っていただくために、Craftで簡潔な発見と分析をどのように行うのかご案内いたします。